副作用が気になるバストアップのサプリ

バストアップをしようと考えている女性は、バストアップサプリの使用に興味があると思います。
でも、飲むだけで本当にバストアップの効果があるの?とちょっと疑ってしまう人も多いでしょう。
また、体内に取り入れるということで、副作用も心配になります。
特に、バストアップサプリに配合されている効果の高い「プエラリア」については、さまざまな情報が取り上げられており、「危険」とまで言われることもあります。
このようなことを聞くと、プエラリアが配合されたバストアップサプリは、飲まない方が良いのでは、と思ってしまいますよね?

実際にバストアップサプリを服用して、副作用を感じた人によると、生理が正常にこなくなってしまった、胸だけでなくほかの部分も太ってきた、生理前に体がだるくなった、などの症状が報告されています。
サプリによってバストアップの効果が出てきても、このような副作用に悩まされていては、辛くて続けることはできないでしょう。
このような情報が出回っていることから、バストアップサプリの使用を考えている場合、副作用を心配している人が増えているのです。

もし、サプリによって副作用が現れたらどうしたら良いのでしょうか?
症状がとても辛い場合は、使用をやめた方が良いでしょう。
でも、完全にやめてしまう前に、服用する量を減らすことで、副作用の症状を緩和させることができます。

バストアップサプリによる副作用の原因は、女性ホルモンの一種「エストロゲン」が急に増えることにあるようです。
バストアップサプリは、プエラリアのほかにも、エストロゲンに似た働きをする植物性エストロゲンを多く配合されています。
これらが乳腺に作用して、その周りの脂肪が増えるので、バストアップに効果があるのです。
エストロゲンを増やすことは、バストアップには効果がありますが、必要以上に摂取すると副作用が現れてしまうのです。
でも、エストロゲンだけが副作用の原因ではなく、女性ホルモンの分泌が急に増えた場合もバランスが乱れて症状が現れることがあるのです。

また、女性ホルモンが原因ではない場合もあります。
報告される件数は少ないですが、配合されている成分によってアレルギーが現れたり、海外の品質の悪いサプリを飲んだり、プエラリアが純正でないものを飲んだりすることで、副作用の症状が起こることもあります。
副作用を避けるためには、日本国内で販売されているサプリで、「純正100%」「高品質プエラリア」などと品質が保証されたものを選びましょう。

しかし、副作用を心配しすぎて、最初から摂取する量が少なすぎたり、たまにしか飲まなかったりしていては、バストアップ効果は得られないでしょう。
まずはそのサプリに指示された量を飲んでみて、体調に異変を感じたら摂取する量を減らすようにしましょう。
女性の体は不安定なので、それによってサプリの適正量も違ってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です