がん治療-1

がんの罹患率が増加傾向にあり、誰もが罹患する可能性が高まっています。しかしがんは過度に恐れる必要もなく、治療方法も多岐にわたっています。がん治療としては、がん細胞が見られる部分を切り取る外科治療を行うことが多く、がん細胞が切り取れなかった時は、抗がん剤治療を行うことが一般的です。さらに放射線を使用してがん細胞を破壊するといって、高度治療も行われるようになったので、寛かいできる確率も高まっています。がん治療において、注目されているのがフコイダンを使用した治療法です。フコイダンとは、コンブやワカメなどの海藻類に含まれているヌメリ成分を抽出したものです。フコイダンには、ガン細胞を攻撃する3つの作用があるとされています。1つは免疫力を強化させる作用で、免疫力をアップすることによってがん細胞が活性化したり、広がっていくことを抑えることが期待されています。そしてもう1つは新生血管抑制作用というもので、血管新生を抑えることが期待されています。がん細胞はさらに細胞を増やして体中に広がろうとするために、自ら血管を作って豊富な血液を摂取しようとする働きがあります。その働きを抑制することによって、がん細胞の活性化を防ぐことにつなげようとすることができます。最後は、がん細胞が自ら死ぬように促すアポトーシス作用です。がん細胞は移転して広がっていき体を蝕んでいく特徴を持つ細胞ですが、フコイダンを摂取することによって、アポトーシス効果が得られるのではないかと考えられています。この3つの作用をフコイダンを摂取すること得られることが期待されているので、がん治療として有効な手段になるのではないかと期待されています。

がん治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です