がん治療-10

かねてよりがん治療に効果が高くて次世代の治療法の一つとして熱視線が注がれているのがフコイダンであり、既にがん治療を受けている患者さんにおいては当然のように知られています。
一言でがん治療と言っても発がんしている部位によって行う治療は全く異なるのですが、その理由はがん細胞の種類や増殖の仕方に違いがあるためです。
人体は主に胸をはじめ大腸や肺、膀胱や肝臓そして白血球などから癌に見舞われしまうのですが、フコイダンは全ての部位に対してアプローチさせられて増殖を抑えられます。
しかも、人体に副作用が起こるような強力な訴求ではなくがん細胞が自ずと消滅の道を歩むように導くため、放射線治療や薬物投与のように命の危険すら及ぶようなリスクがありません。
また、がん治療が予断を許さないのはいつ思わぬ場所に転移してしまうのかが不明瞭である事であり、血液や骨にまで転移してしまっているのが見つかると全回復を目指すのは大変困難です。
フコイダンは細胞によって誘発が行われる血管新生という動きが抑えられるため、増殖する幅が小さくなり他部に組織が移行してしまう事が防げます。
基本的に血液に乗って移動を行い行き着いた所で再び増え始めて転移という形になってしまうので、経路を使わせないようにするといったフコイダンの効能は根本的解決を目指すという意味で理に適っています。
そして、がん治療では現状よりも悪化させないようにナチュラルキラー細胞を多くさせながら手順を進めていきますが、フコイダンも同時期に投与すると既存の作用よりも活性できるのが人体での実験で判明しています。
使われたのはごく一般的なめかぶから得たフコイダンなので、毎日の食事でも取り入れやすいとして医学界に大きな驚きを与えました。

がん治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です