がん治療-3

がん治療には抗がん剤治療や放射線治療、免疫療法など様々なものがあります。抗がん剤治療を行うと痛みを和らげることができるものの、髪の毛が抜けやすいなどの副作用を招くことが知られています。放射線治療に関しても体への負担が大きく、週5日間も治療を受け続けることに対して不安を感じる人も少なくありません。こうしたものとは別として代替療法と呼ばれるものでがん治療を行うことが世界的な動きとして見られます。その中でも注目されているのがフコイダンです。

フコイダンは海草のぬめり成分であり、がん治療に効果を発揮するとされています。フコイダンを用いることで細胞を自ら死を選んで自滅させることができます。本来細胞は新陳代謝のために細胞が死んで、新たな細胞が登場します。がん細胞はそれを拒んで生き続けるような細胞です。だからこそ様々な場所に転移して増殖していきます。フコイダンを用いることでこうしたがん細胞が自ら死を選んでくれるように仕向けることができ、がん治療につながります。

またフコイダンによって免疫力が強化される他、がん細胞に血管を作らせない効果も期待できます。がん細胞は血管から栄養をとろうとします。そのため、多くの血管ががん細胞によって作られてしまいます。これを抑制することでがん細胞に栄養が届かなくなり壊死させることができます。そうした役目もフコイダンが担っています。

フコイダンは決して怪しいところが提唱しているものではありません。多くの医師がフコイダンの研究を重ねて、提唱を行っているしっかりしたものです。がん治療だけではなく、ピロリ菌対策やアレルギー対策など様々な症状にも効果を発揮する万能的な栄養素です。

がん治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です