がん治療-4

がん治療の際、抗がん剤治療は避けては通れない道です。抗がん剤治療によってがんからの回復やこれ以上の再発を防ぐ効果が期待できますが、その一方で副作用もあります。その副作用は深刻であり、体力をどんどん削られていってしまいます。こうした状態の時に効果を発揮すると言われているのがフコイダンです。最大の特徴は抗がん剤治療とフコイダンを併用することができ、しかも副作用を抑えられる点です。

抗がん剤治療を行うとがん細胞に対してだけでなく、正常な細胞にまでダメージをかけてしまいます。それによって大きな影響を体内に与えますが、これを活用することで正常な細胞へのダメージが減ります。フコイダンはそのまま摂取しようとしてもそのほとんどは吸収してくれず、体の外に出てしまいます。そのため、低分子化をしたフコイダンを用いることで吸収しやすい状況にします。低分子化をしたフコイダンを活用した場合、何もしなかった場合に比べて細胞の死滅率が10%違っていたことが明らかになっています。

フコイダンはもずくなどの海草に含まれています。体に害のあるものではないため、食事療法などで制限をされている場合以外であれば活用することができます。強い副作用が出てしまって抗がん剤の服用ができない場合や抗がん剤の影響で生活の質を落としたくない人にとってはこうしたがん治療はプラスです。フコイダンだけで治療を進めていくわけではなく、抗がん剤治療との併用ができるため家族に対する理解も得られやすくなります。

抗がん剤治療を続けていくと抗がん剤に対する免疫ができやすくなります。そうするとせっかくの抗がん剤が通用しなくなることもあります。それをも防いでくれるフコイダンは頼りになる成分です。

がん治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です