がん治療-8

現在がん治療は大きくは2種類に分ける事が出来ます。
局所療法と全身療法です。
局所療法はガンの治療に焦点を当てた治療法となっており、手術やレーザー照射等を行ったりします。
外科的な場合は病巣を取り除く方法が取られており、切除できるのであれば殆どのガンが対象となります。
従来から行われている基本的な方法となっており、がん治療と言えば外科的な手術を想像する人も少なくありません。
ただ転移している場合やがんが出来ている部位によっては手術を行う事が出来ない場合も有るため、全てのケースで行われているわけではありません。

また、外科的な手術以外では、抗がん剤や免疫療法を利用する方法も有ります。
抗がん剤治療は全身療法の代表的な方法です。
手術が難しい部位にがんが出来ていたとしても対応できる為、様々なケースで活用されています。
またこれらの方法は単体で行う事も有りますが、抗がん剤と免疫療法を併用する場合もあり、その人のガンの状況に合わせて治療法が選ばれます。

さらに、医療の進歩によって様々ながん治療が行われるようになっており、現在注目されている物の一つがフコイダンを利用する方法です。
フコイダンはわかめや昆布に含まれているネバネバの成分の事で、水溶性食物繊維としても知られています。
現在ではフコイダンを利用する方法はがん治療の代替療法としても選ばれることが多くなっています。

もちろんその人の体調や体質等に合わせてどの様に治療するかは決まりますが、現在では様々な治療法から選ぶ事が出来るようになっているのです。
また早期発見早期治療によってガン自体の治癒率も以前に比べるとはるかに高くなっている為、定期検診を受ける事が推奨されています。

がん治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です