Author Archives: smart-iot.org

がん治療-10

かねてよりがん治療に効果が高くて次世代の治療法の一つとして熱視線が注がれているのがフコイダンであり、既にがん治療を受けている患者さんにおいては当然のように知られています。 一言でがん治療と言っても発がんしている部位によって行う治療は全く異なるのですが、その理由はがん細胞の種類や増殖の仕方に違いがあるためです。 人体は主に胸をはじめ大腸や肺、膀胱や肝臓そして白血球などから癌に見舞われしまうのですが、フコイダンは全ての部位に対してアプローチさせられて増殖を抑えられます。 しかも、人体に副作用が起こるような強力な訴求ではなくがん細胞が自ずと消滅の道を歩むように導くため、放射線治療や薬物投与のように命の危険すら及ぶようなリスクがありません。 また、がん治療が予断を許さないのはいつ思わぬ場所に転移してしまうのかが不明瞭である事であり、血液や骨にまで転移してしまっているのが見つかると全回復を目指すのは大変困難です。 フコイダンは細胞によって誘発が行われる血管新生という動きが抑えられるため、増殖する幅が小さくなり他部に組織が移行してしまう事が防げます。 基本的に血液に乗って移動を行い行き着いた所で再び増え始めて転移という形になってしまうので、経路を使わせないようにするといったフコイダンの効能は根本的解決を目指すという意味で理に適っています。 そして、がん治療では現状よりも悪化させないようにナチュラルキラー細胞を多くさせながら手順を進めていきますが、フコイダンも同時期に投与すると既存の作用よりも活性できるのが人体での実験で判明しています。 使われたのはごく一般的なめかぶから得たフコイダンなので、毎日の食事でも取り入れやすいとして医学界に大きな驚きを与えました。 がん治療

がん治療-9

海藻が身を乾燥や波などで傷つくことから守るために分泌するネバネバ成分をフコイダンといいます。 フコイダンは、フコースという糖を主成分とした多糖類で、昆布やメカブ、わかめ、もずくなどの海藻類に含まれています。海藻の表面を覆うことで潮の流れや外側からの刺激から身を守る働きがありますが、様々な効果があるとして近年注目されています。 その注目される活用方法の一つががん治療です。 フコイダンには、がんに対する3つの作用が期待することができます。 がん細胞はほとんど死ぬことなく増え続ける性質があり、そのせいで治療しても転移や再発などを引き起こします。 正常な細胞は一定期間を過ぎると自ら死を選ぶようになっておりこの仕組みをアポトーシスといいますが、フコイダンを摂取することでほとんど死ぬことのないがん細胞がアポトーシスする作用があると考えられています。 免疫システム全体を活性化するのも、がん治療には役立ちます。 アガリスクやメシマコブなどのキノコ類の健康食品が、持っている免疫強化作用があるとされています。 体内の免疫細胞を刺激することによって活性化し、細胞を増やして免疫システム全体を活性化するのに役立つと考えられています。 血管を新生するのも抑えるのもがんには有効です。がん細胞は栄養が豊富な血液を摂取するために、自ら血管を作る働きがあります。しかし、フコイダンはその血管を作らせない抑制効果があるとされています。 これらの働きによってがんを治療するのに有効だと考えられます。 また、海藻を食べていると同じことなので抗がん剤などの薬を併用しても問題がなく、むしろ抗がん剤の副作用を抑えるという報告もあります。 がん以外にも、生活習慣病の予防などにも効果的な成分です。 がん治療

がん治療-8

現在がん治療は大きくは2種類に分ける事が出来ます。 局所療法と全身療法です。 局所療法はガンの治療に焦点を当てた治療法となっており、手術やレーザー照射等を行ったりします。 外科的な場合は病巣を取り除く方法が取られており、切除できるのであれば殆どのガンが対象となります。 従来から行われている基本的な方法となっており、がん治療と言えば外科的な手術を想像する人も少なくありません。 ただ転移している場合やがんが出来ている部位によっては手術を行う事が出来ない場合も有るため、全てのケースで行われているわけではありません。 また、外科的な手術以外では、抗がん剤や免疫療法を利用する方法も有ります。 抗がん剤治療は全身療法の代表的な方法です。 手術が難しい部位にがんが出来ていたとしても対応できる為、様々なケースで活用されています。 またこれらの方法は単体で行う事も有りますが、抗がん剤と免疫療法を併用する場合もあり、その人のガンの状況に合わせて治療法が選ばれます。 さらに、医療の進歩によって様々ながん治療が行われるようになっており、現在注目されている物の一つがフコイダンを利用する方法です。 フコイダンはわかめや昆布に含まれているネバネバの成分の事で、水溶性食物繊維としても知られています。 現在ではフコイダンを利用する方法はがん治療の代替療法としても選ばれることが多くなっています。 もちろんその人の体調や体質等に合わせてどの様に治療するかは決まりますが、現在では様々な治療法から選ぶ事が出来るようになっているのです。 また早期発見早期治療によってガン自体の治癒率も以前に比べるとはるかに高くなっている為、定期検診を受ける事が推奨されています。 がん治療

がん治療-7

今までのがん治療といえば、髪の毛が抜けたり吐き気を催したりと苦しいというイメージがとても強いものでした。しかし、最近では体に負担のかかりにくい治療法というものが開発されつつあります。 その一つがフコイダンという成分を利用した治療法です。フコイダンというのはもずくやわかめ、昆布などの海藻類に存在するものです。これらのものを触るとヌルヌルとした感触があり、それこそがフコイダンとなります。フコイダンの効果は大きく分けると3つあります。1つ目はアポトーシス作用です。通常、細胞というのは自ら消滅していくための遺伝子を内蔵しているものです。これをアポトーシスといい、この効果を利用することでがん細胞を自ら死滅させていくことが出来ます。2つ目は血管を作り出すのを抑える効果です。がん細胞というのは栄養を豊富に必要とします。そのため、既にある血管に新しく作った血管を繋ぐことで、がん細胞に血液が送られるようにします。フコイダンを摂取することでがん細胞に栄養が行きにくくすることが可能です。3つ目は免疫力を改善させる効果です。がん細胞が増殖すると免疫力が低下してより悪化しやすい体になります。フコイダンにはこの免疫力を活発化・増殖させる効果があるのでがん治療にはうってつけの成分だといえます。ただし、注意してもらいたいのはただ摂取しただけでは効果が薄いということです。いかに体に吸収させるのかがとても重要となります。そのため、注目するべきなのはその大きさです。分子レベルで小さいものほどより体に吸収されやすいものといえます。 このように、フコイダンは副作用が少なく外科手術をする必要のないことから、これからのがん治療のメインとなることを期待されています。 がん治療

がん治療-6

めかぶやもずくといった褐藻類が持つ独特の粘りの中に存在している多糖類をフコイダンと呼びミネラルやビタミン、カルシウムが豊富に含有されています。 コレステロールの吸収を抑える働きが身近な作用となり、健康診断にて値が異常値を示した際には医師が摂取を推奨してきましたが、近年の医学の進歩によって判明したのはがん治療に活用できる事です。 癌と言えば回復が難しい上に治療についても大きな副作用が発生されやすく一筋縄ではいかない病気ですが、フコイダンでは従来の治療において懸念材料であった副作用が起こらない抗がん剤として発表されました。 これまでのがん治療が問題視されてきたのはがん細胞に訴求させる際に、同時に健康的な細胞にまでダメージを与えてしまうという事です。 一方フコイダンにおいては正常細胞に負荷が生じるどころか現状よりも強化させられるようになる上に、がん細胞に限ってアプローチが実行できます。 つまり癌を抑制するためのがん治療といった観点ではなく、細胞自体を体内から無くして追いやっていける作用があります。 フコイダンはその存在自体が認められてからまだ日が浅いですし、がん治療に有用性があるというのは尚更近年になってから明瞭になった事実なのでまだ理解されていない面が多々ありますが、今後ますますがん治療のスタンダードになっていきます。 そのように言うことができるのは、がん治療で活用すれば細胞が入れ替わるタイミングを迎えた時に自然と身体の中から消失するためです。 人間には60兆個程の目には見えない微細な物が集合して成り立っていますが、一定の周期によって生まれ変わっているためフコイダンを投入すると身体の構成と共に自然な形式でがん治療が進められます。 がん治療

がん治療-5

現代人は西洋医学によってさまざまなケガや病気を克服してきました。新興の病気などを除くと未だに対策が出来ていない数少ない病気、それが「がん」です。がんは昔からある病気ではありますが、比較的高齢に発症しやすいのと進行が遅いため、さほど優先的に研究がされてはきませんでした。現在でも発展途上国においてはがんは脅威ではなく(というよりももっと脅威になる感染症などがあるため)、ここ数十年に先進国でのみ研究がなされており、まだまだ特効薬は見つかっていません。そのためがん治療のスタンダードは現在のところ化学療法と放射線療法ですが、副作用や再発の恐れもある不完全なものです。いくつかあるがん治療のための民間療法の中に、フコイダンを利用したものがあります。このフコイダンを用いた療法は単なる民間の伝承に留まらず、医学界からも近年注目を集めるようになりました。フコイダンとは、海藻類の表面を覆っている「ネバネバ」に含まれる成分です。海流にさらされる海藻が自分の身を守るため分泌するこのネバネバの成分フコイダンには、身体全体の免疫能力を上げる効果が認められています。これによって自分自身の治癒力でがんと闘う力が増し、治療に貢献できるというわけです。また、フコイダンにはがん細胞の自死(アポトーシス)を促進させる働きもあるため直接の治療効果も確認されています。さらにがん細胞の血管新生を抑えて進行を食い止める効果もあり、うまく利用することでがん治療の大きなサポート役になれるという期待を集めています。まだ研究は途上ではあり、人体の中でどのように作用させるかなど解決すべき課題を抱えてはいますが、副作用の少ないがん治療薬としてフコイダンには無限の可能性があると言えそうです。 がん治療

がん治療-4

がん治療の際、抗がん剤治療は避けては通れない道です。抗がん剤治療によってがんからの回復やこれ以上の再発を防ぐ効果が期待できますが、その一方で副作用もあります。その副作用は深刻であり、体力をどんどん削られていってしまいます。こうした状態の時に効果を発揮すると言われているのがフコイダンです。最大の特徴は抗がん剤治療とフコイダンを併用することができ、しかも副作用を抑えられる点です。 抗がん剤治療を行うとがん細胞に対してだけでなく、正常な細胞にまでダメージをかけてしまいます。それによって大きな影響を体内に与えますが、これを活用することで正常な細胞へのダメージが減ります。フコイダンはそのまま摂取しようとしてもそのほとんどは吸収してくれず、体の外に出てしまいます。そのため、低分子化をしたフコイダンを用いることで吸収しやすい状況にします。低分子化をしたフコイダンを活用した場合、何もしなかった場合に比べて細胞の死滅率が10%違っていたことが明らかになっています。 フコイダンはもずくなどの海草に含まれています。体に害のあるものではないため、食事療法などで制限をされている場合以外であれば活用することができます。強い副作用が出てしまって抗がん剤の服用ができない場合や抗がん剤の影響で生活の質を落としたくない人にとってはこうしたがん治療はプラスです。フコイダンだけで治療を進めていくわけではなく、抗がん剤治療との併用ができるため家族に対する理解も得られやすくなります。 抗がん剤治療を続けていくと抗がん剤に対する免疫ができやすくなります。そうするとせっかくの抗がん剤が通用しなくなることもあります。それをも防いでくれるフコイダンは頼りになる成分です。 がん治療

がん治療-3

がん治療には抗がん剤治療や放射線治療、免疫療法など様々なものがあります。抗がん剤治療を行うと痛みを和らげることができるものの、髪の毛が抜けやすいなどの副作用を招くことが知られています。放射線治療に関しても体への負担が大きく、週5日間も治療を受け続けることに対して不安を感じる人も少なくありません。こうしたものとは別として代替療法と呼ばれるものでがん治療を行うことが世界的な動きとして見られます。その中でも注目されているのがフコイダンです。 フコイダンは海草のぬめり成分であり、がん治療に効果を発揮するとされています。フコイダンを用いることで細胞を自ら死を選んで自滅させることができます。本来細胞は新陳代謝のために細胞が死んで、新たな細胞が登場します。がん細胞はそれを拒んで生き続けるような細胞です。だからこそ様々な場所に転移して増殖していきます。フコイダンを用いることでこうしたがん細胞が自ら死を選んでくれるように仕向けることができ、がん治療につながります。 またフコイダンによって免疫力が強化される他、がん細胞に血管を作らせない効果も期待できます。がん細胞は血管から栄養をとろうとします。そのため、多くの血管ががん細胞によって作られてしまいます。これを抑制することでがん細胞に栄養が届かなくなり壊死させることができます。そうした役目もフコイダンが担っています。 フコイダンは決して怪しいところが提唱しているものではありません。多くの医師がフコイダンの研究を重ねて、提唱を行っているしっかりしたものです。がん治療だけではなく、ピロリ菌対策やアレルギー対策など様々な症状にも効果を発揮する万能的な栄養素です。 がん治療

がん治療-2

がん治療と聞いて多くの方がイメージするのは、辛い手術や激しい副作用に苦しむ姿でしょう。場合によってはがんそのものよりも治療のほうが苦しいとも言われ、ときには治すこと自体を諦めてしまったり、一般的な化学療法に頼らないやり方を探したりしている方も存在します。そういった状況の中、がん治療に効果があるのではないかと期待されつつあるのがフコイダンと呼ばれる成分です。 健康や美容に関する話題に積極的でないとなかなか聞きなれない成分ですが、フコイダンは日本人にとっても非常に馴染み深いワカメや昆布、モズク、メカブといった海藻のネバネバに含まれています。意識せずとも毎日の食事の中で気づけば摂取していたという方も多いでしょう。フコイダンは海藻にとって刺激などから身を守るための力であると考えられ、摂取することで免疫力のアップなどの効果が期待できます。そのため風邪をはじめとした病気予防の他、アンチエイジングなどのためフコイダンが配合されたサプリメントを利用している方も増えています。 免疫力を高められれば、当然ながらがんを予防することにも繋がります。そもそもがん細胞とは何らかのイレギュラーによって細胞分裂が上手くいかなかったことが原因で作られるものですが、免疫機能が正常に働いていればそれらががん組織に発展しないよう抑えることが可能です。がん治療において免疫療法が注目されるようになっていることからも、がんに抵抗する力をつけるために免疫力が重要になっているのは言うまでもありません。今後ますますフコイダンの研究が進んでいくことにより、より快適ながん治療が可能になっていくでしょう。もちろん日頃からがん対策を行っていくことも大切です。 がん治療

がん治療-1

がんの罹患率が増加傾向にあり、誰もが罹患する可能性が高まっています。しかしがんは過度に恐れる必要もなく、治療方法も多岐にわたっています。がん治療としては、がん細胞が見られる部分を切り取る外科治療を行うことが多く、がん細胞が切り取れなかった時は、抗がん剤治療を行うことが一般的です。さらに放射線を使用してがん細胞を破壊するといって、高度治療も行われるようになったので、寛かいできる確率も高まっています。がん治療において、注目されているのがフコイダンを使用した治療法です。フコイダンとは、コンブやワカメなどの海藻類に含まれているヌメリ成分を抽出したものです。フコイダンには、ガン細胞を攻撃する3つの作用があるとされています。1つは免疫力を強化させる作用で、免疫力をアップすることによってがん細胞が活性化したり、広がっていくことを抑えることが期待されています。そしてもう1つは新生血管抑制作用というもので、血管新生を抑えることが期待されています。がん細胞はさらに細胞を増やして体中に広がろうとするために、自ら血管を作って豊富な血液を摂取しようとする働きがあります。その働きを抑制することによって、がん細胞の活性化を防ぐことにつなげようとすることができます。最後は、がん細胞が自ら死ぬように促すアポトーシス作用です。がん細胞は移転して広がっていき体を蝕んでいく特徴を持つ細胞ですが、フコイダンを摂取することによって、アポトーシス効果が得られるのではないかと考えられています。この3つの作用をフコイダンを摂取すること得られることが期待されているので、がん治療として有効な手段になるのではないかと期待されています。 がん治療